「トレーニングをやめたら視力が元に戻る」ということについて

ちょっとタイトル長いですが・・・。

 

ネットで視力回復関連のサイトを見ていると、よく「視力回復トレーニングは、トレーニングをやっているうちは回復したけど、止めたら元に戻った」的な内容が書かれていることがあります。

これを見て、皆さんはどう思われますか?

多分「止めたら視力が元に戻ってしまうんなら、やっても意味ないね~」と思われる方が多いのでは?

 

 

 

 

残念なことですが、決して言っていることは間違っていません。

視力回復トレーニングをやめたら、視力の再低下の恐れがあるということはその通り。

成長期の子供さんは特にそうです。

 

成長期は眼球も成長し、大きさが変化していきます。

この時に近視があると、眼球のサイズの変化とともにピントのずれが広がってしまうため、一旦視力が上がっても再び低下してしまう可能性がある訳です。

そのため、京阪視力回復アカデミーに子供のご相談に来られた場合、保護者の方には必ず「一旦視力が回復したとしても、成長期が残っている間は視力は安定しません。そのため視力回復トレーニングは、長期的に考えておいてください」とお話しています。

 

そして最近だとスマホやPC作業の影響かと思われますが、成長期が終わっているであろう20代~40代の方の視力低下も珍しくなくなってきました。

一昔前なら「二十歳超えたら視力低下は止まる」なんて言ってました。

でも、残念ながらそういう時代ではなくなったようです。

 

 

ただ、「やめると戻る」というよりは「やめたら再び視力低下が始まる」と言った方が、より正確かと思います。

「元に戻る」というと、例えば0.3⇒0.8に回復した方の場合、止めたらまた0.3に戻ってしまうようなイメージですが、実際には0.3で止まるどころか、0.2⇒0.1とさらに落ちてしまうこともありまして。

そのため、「元に戻る」ではなく「再び低下する」というべきです(細かいこだわり)。

 

 

では、視力回復トレーニングはやめたら再び視力が落ちるなら、最初からやらない方が良いのか?

ここで最初にご紹介したテキストをもう一度見てみると「(前略~)トレーニングをやっているうちは回復したけど(~後略)」とありますね。

つまり「視力回復トレーニングをやれば視力の回復はできる」とも書いてある訳で。

視力回復はできるんですよ!!

ならやった方が良くないですか!?

 

そしてもう一つ。

子供の成長期の視力低下ですが、例えば7歳に近視が発生し、16歳位に進行がストップすると仮定します。

視力回復をしない場合は、視力はその間ずっと悪化し続けます。

イメージ的にはこんな↓感じですか。

torenasi

 

でも途中で視力回復を行ない、一旦は視力が上がったものの、再び視力低下した場合。

あくまでもイメージですが、こんな↓感じでしょうか。

toreari

再び落ちるとしても、トレーニングしてないケースよりも視力の落ち幅は小さくなると思いますが、いかがでしょうか?

 

 

ダイエットで痩せた。

でも、ダイエットをやめたら体重は戻ってしまう。

では、ダイエットはやっても無駄なのか?

 

虫歯の治療をした。

でも歯磨きをし続けないとまた虫歯になる。

では、虫歯の治療はやっても無駄なのか?

 

筆者は、そうは思いません。

皆さんはいかがでしょうか?

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座