「ブルーライトで視力は低下しない」という記事について

「ブルーライトでは視力は低下しない」という記事がいくつかのネットニュースで取り上げられました。

気になったので読んでみましたが、個人的意見として記事タイトルと記事の内容が、少々違うように思いました。

 

私が見たのは「HUFFPOST」さんの記事です(全文はリンク先にてご覧ください)。

タイトルは【「スマホのブルーライトで視力は低下しない」米国眼科学会、大学の研究結果に真っ向から反論】。

この”視力は低下しない”という点ですが、これだけ見ると”近視の進行や目の疲れ・眼精疲労等による視力低下”のことを思い浮かべる方が多いと思います。

そのため、この記事から派生したと思われる別のサイトでは「PCの時にブルーライトカットメガネ使ってたけど意味なかったのか!?」みたいな意見も散見されました。

 

しかし、元々の発信元である「米国眼科学会(AAO)」のサイトを見ると、「ブルーライトでは目に重大な障害は引き起こさない」という内容で書かれているようなのです。

つまり、「視力が低下しない」というよりも「失明するような危険性はない(意訳)」ということのようで、これだとだいぶ話が違ってきます。

また、記事の中では「AAOはブルーライトカットメガネの使用も推奨していない」と書かれています。

しかし、「ブルーライトは人の概日リズムに影響を与え、睡眠の妨げになる可能性がある」とも書かれており、少々矛盾した内容のように思いました。

だって睡眠の妨げになるなら、ブルーライトはカットした方が良いですよね!?

 

 

別のサイトでは「ブルーライトは体内時計を狂わせる恐れがあり、脳が”夜だけど昼”と認識してしまい中々眠くならない」というような話も出ていました。

「WHO(世界保健機関)では、交代勤務のシフトワーカーは日勤と夜勤を繰り返すことで体内リズムも乱れやすく、日勤者より発がんリスクが高いと認めています」と書いてあるサイトもありました。

体内時計が狂うと睡眠への影響だけでなく、肥満やメタボ・糖尿病のリスクが高くなることも言われているそうで、もはや目だけの問題ではないようですね。

 

別にこちらはブルーライトカットの商品を取り扱っている訳ではありません。

なので、別にブルーライトが目に何の悪影響も及ぼさないなら、それはそれで良いことだと思います。

しかし、いくつかのサイトを見た中で、【ブルーライトは白内障などの失明に至るような障害につながる可能性は非常に低い。しかし、睡眠障害や目の疲労等といった点に関しては影響が懸念されるため、カットできるならした方が良い】という事ではないかと思います。

 

 

でも、今回の記事だけ見ると「ブルーライトカットなんかしなくても、目には全く問題ないから」というような認識を持ってしまいそうで、それが心配です。

ネットニュースの場合、大見出しだけ見て記事全文は読まない、という人も少なくないと聞きます。

そんな方はきっと「ブルーライトカットメガネは全くの無駄!」と思うのでしょうね。

皆さんもご注意ください。

 

 

参照サイト:

米国眼科学会(AAO)HP(英文サイト)

BLOGOS 【眼科医「メチャクチャな記事だ」ブルーライトに悪影響はないという記事は誤訳か

ドクターサロン57巻12月号 【LEDの身体的影響】

きくな湯田眼科-院長のブログ

大塚製薬 睡眠リズムラボ 【03 体内リズムが乱れると・・・】

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座