「屈折度数」を知ろう! 前編

近視・遠視・乱視のことや、メガネ・コンタクトのこと、視力回復のことについてお話しする時に、一番重要なのがこの「屈折度数(くっせつどすう)」です。

近視の場合はー(マイナス)の符号、遠視の場合は+(プラス)の符号がつき、±0は正視となります。

数値が高ければ高いほど、近視や遠視が強いことになり、裸眼視力も低くなってしまいます。

例)近視の場合:R-3.25D、L-3.50D 遠視の場合:R+2.00D、L+1.75D
※D・・・ディオプトリー

 

DSCF0392

 

今はオートレフラクトメーターという機器↑で、目に光を当てて深度で測定しますが、昔は”板付レンズ”↓というレンズがずらっと並んだ板で測定を行なっていました。

アナログですね~。

 

recycle_best-img600x450-1466405546pjalka10319

 

この数値を見るだけで、おおよその裸眼視力も推測が可能です。

かなりざっくりしたものですが、屈折度数とおおよその裸眼視力の関係は、大体こんな感じです。

 

屈折度数 裸眼視力 屈折度数 裸眼視力
-1.00D 0.4前後 -4.00D 0.05前後
-2.00D 0.1前後 -5.00D 0.03前後
-3.00D 0.07前後 -6.00D 0.02前後

 

しかし、オートレフで確認した数値も多少の誤差が出て、100%正確な数値とは言えない場合もあります。

そのため、こちらでは必ず矯正レンズによる自覚的な見え方の確認も行なっています。

オートレフの数値とレンズ度数の違いは、結構よくある話です。

 

詳しい検査のお話は次回に!

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火水金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月木は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座