【近視を治療するメガネ】ができるかもしれません。

一般的な近視の場合、メガネでは視力を戻すことも進行悪化を予防することもできません。

しかし、近い将来もしかしたらメガネをかけるだけで、近視を治すことができるようになるかもしれません。

それが「クボタメガネ」というものです。

 

 

◇「クボタメガネ」とは?◇

このブログでも何度もご説明してきましたが、近視が進行する原因の一つに「眼球(眼軸)の延長」があります。

通常の眼球よりも奥行きが長くなってしまうことで、焦点が網膜の手前にずれてしまうのです(下記画像参照)。

kinsi

眼軸が伸びる原因としてハッキリと確定できたものはありませんが、候補の一つに「焦点が眼球の後方にずれる」ということが言われています。

眼球の後方にずれている焦点を合わせようとして、眼球自体が伸びていくというもの(下記画像参照)。

眼球断面図-軸性近視の原因

現在開発が進められている「クボタメガネ」は、メガネに装着されているLEDから網膜前方に映像を映し出すことで、眼軸の長さを短縮することができる、ということのようです。

現時点ではデータが少ないものの、1日1時間~2時間ほどクボタメガネを装用した後に眼軸長を測定したところ、若干の眼軸縮小がみられたそうです。

ただ、まだまだデータが少ないので更なる検証中、ということでした。

眼球断面図-クボタメガネの原理

クボタメガネで本当に眼軸の縮小ができるならば、これは本当にノーベル賞ものの発明なので期待したいところですが、ネット上では賛否両論といった感じのようですね。

個人的には「焦点が当たる地点を操作することで眼軸の更なる延長を抑制する」という話なら、十分ありうる話だと思うのですが、それが眼軸の縮小にまで至るか?と言われると正直???な印象です。

また、ネットで見たクボタメガネの記事インタビューの中で、社長自ら「一旦のびた眼軸は戻せない」と言っているものがあって、どっちやねん!とPC画面にツッコんでしまいました。

その謎を探るべく我々はアマゾンの奥地へと向かった・・・・ということは決してありませんけども。

 

・・・おふざけはさておき、実際のところはくどいようですが今後の研究発表次第、としか今は言えないと思います。

 

 

◇お値段・ビジュアル面は?◇

現時点で明確なものは発表されていませんが、およそ10万円前後の金額にはなるようです。

且つ、今完成しているプロトタイプのメガネは、見た目が完全に勉三さん※です。
※アニメ「キテレツ大百科」に出てくるキャラクター。詳しくはこちらを

 

実際のクボタメガネをかけた見た目は、こちらの「JBpress」の記事をご覧ください。

あくまでもプロトタイプなのできちんと製品化された暁には、もう少しまとも・・もとい、きちんとした見た目のメガネになっていることでしょう。

というか、そうでないと売れませんて!

 

このクボタメガネに関しての新たな情報が出ましたら、このブログでもご紹介していく予定です。

よい情報であることを願います。

 

 

参照ページ:

窪田製薬ホールディングス株式会社 「クボタメガネについて」

JBpress「『クボタメガネ』は近視のない世界を実現できるか?」

ピクシブ百科事典 「勉三さん」

 

関連ページ:

近未来のメガネ(スマートグラス)に期待

「自分に合ったメガネ」って何だろう???

 

お問い合わせ・無料体験 お申込みフォーム

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火水金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月木は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • instagram
  • facebook
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座