その視力トレーニングは大丈夫?その7 3D画像

「マジカル○イ」が有名ですが、これをじっと見ることで視力が良くなるそうです。

見える人と見えない人がいらっしゃるようですが、皆さんは見えますか?

 

↓参考画像:ハートが見えます。
(参照:http://gogyoka.com/aman/magic/magic.html)hartnomi

 

◇本当に遠くを見ている訳ではない◇

3D画像による視力回復を謳ったサイトには、こんなことが書かれています。

「立体視は、普段とは違う目の使い方をするため、目の運動になります。ピントを調節する機能の訓練にもなるため、視力回復に繋がるとされています。(原文ママ)」

・・・ちょっと何言ってるかよくわからない、という感じですね~。

 

そもそも”立体視”は、元々人間の目に備わっている能力で、特に意識しなくても普段からしているもの。

遠近感や距離感などは立体視ができていないと、うまく測れなくなってしまいます。

それが「普段と違う目の使い方」と言われても・・・という感じなのですが。

 

また、「目の運動になる」「ピントを調節する機能の訓練にもなる」とありますが、それはあくまでも遠くを見た時の話。

「遠くを見るような」感じで見たとしても、実際に見ている距離は近いので、本当の遠くを見ていることと同じ効果は得られないでしょう。

3D画像を5mの距離から見れば、効果は得られるかもしれませんけど。

 

 

◇脳を鍛えると言うが・・・◇

3D画像には「脳トレ」的な考えもあり、「見た映像は脳で判断するので、脳を鍛えることで視力を上げよう」という意見もあります。

しかし近視にしろ遠視にしろ、見えにくさの第一歩は「ピントのズレ」です。

幾ら脳の機能がアップしても、ピントがずれていればクリアな映像にはなりません。

1000万画素のデジカメでピントが合っていない写真と、500万画素のデジカメでピントが合っている写真は、どちらがクリアに見えるでしょうか?

 

また、そもそも「3D画像を見ることで脳が鍛えられる」というのは、どういった根拠があるのでしょうか?

色々調べてみましたが、「3D画像を見ることで脳のこの部分にこういう影響があり、機能がアップできる」というような話が全く出てきません。

もしかしてもしかしたら、脳医学とかでは常識なのでしょうか????

 

私たちが何か物を見た場合、目の底の”網膜”にある視細胞から視神経をとおり脳へ送られ、「あれはリンゴ」と認識します。

脳は電気信号として送られたデータを映像化する、いわばディスプレイとかプリンターのようなイメージです。

ピンボケのデータが送られてくれば、そのままピンボケの映像が表示されるだけ。

きちんとピントが合ったデータを脳に送らないと、クリアな映像は得られません。

 

 

◇京阪視力回復アカデミーの見解は◇

脳を鍛えるだけでは、近視によるピントのずれは直せません。

そして近くを見たところで、遠くを見た時のピントのずれも直せません。

この2点から、3D画像による視力回復は非常に困難だと考えます。

 

個人的な感想ではありますが、筆者は3D画像をずっとみていると目が相当疲れます。

遊びで見て楽しむ程度なら良いでしょうが、あまり長時間見続けるのはやめといた方が良いと思います。

 

 

関連ページ

「ガボールパッチ」での視力回復について

3D視力回復アプリに視力回復根拠はありません。

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座