”スマホ老眼”を改善しよう!その2

前回の話の続きです。

 

裸眼視力が0.1以下というような、強い近視の場合は凸レンズによる目の疲れ軽減はできません。
強度近視になると、近くを見た時もピントが手前にずれてしまいます。(下図参照)

 

強度近視眼近方視

 

そのような場合に凸レンズを装用すると、ピントが更に手前にずれてしまうので、裸眼よりも近づけないと見えなくなってしまいます。(下図参照)

これではレンズの意味がありません。

 

近視眼凸装用

 

そのため、強度近視の人は近くを見る時でも、通常のメガネと同じ”凹レンズ”を装用するのですが、この時に1.0など遠くが見やすいメガネをかけてしまうと、またピントが奥に突き抜けてしまいます。(下図参照)

 

遠メ装用近方視

これでは見えないので、筋肉を緊張させてピント合わせをする必要が出てしまいます。

それでは目の疲れがかえってひどくなる場合も多いため、凹レンズを装用するにしても、”最初から近くにピントが合っている弱いメガネ”をかけるのが一番です。(下図参照)

 

近メ装用近方視

 

これで筋肉を緊張させるのが最小限で済みますので、目の疲れはかなり楽になります。

メガネなしでは近くも見えない方、遠方用・近方用のメガネを2本持っておいて、見る距離に応じて使い分けをすることをお勧めします!

 

 

と、ここまでスマホ老眼の話をしてきましたが、実は「スマホ老眼」というネーミングには、非常に違和感があります。

通常の老眼は「遠くは見えるけど近くが見えない」という状態です。

しかし、いわゆるスマホ老眼の場合、目のピント調節機能の動きを考えれば、近くだけでなく遠くも見えにくくなっているはずです。

ですので、「スマホ老眼」という呼び方は???ではないでしょうか。

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座