パイロット志望の方の視力回復は、試験対策の一環と考えましょう。

エアラインパイロットを目指し航空大学校を志望する皆さんに、身体検査が行われる時期が今年もやってきました。

京阪視力回復アカデミーへも、パイロット志望の方からのお問い合わせが増えてきています。

ただ、皆さん視力回復を結構甘く考えている方が多いように思います。

 

そこで今回は「視力回復は試験対策の一つ」ということをお話したいと思います。

 

 

◇視力回復トレーニングでできること・できないこと◇

まず何度もお話していることですが、裸眼視力の回復には限界があります。

0.1以下の視力の方が1.0以上の視力への回復は、ハッキリ言って不可能です。

航空身体検査の基準としては「片眼0.7以上及び両眼で1.0以上」ですので、裸眼でこの基準をクリアするためには、近視が軽いものでなければなりません。

 

そこで屈折度数の軽減という話になってくるのですが、それは不可能ではないのですが残念ながら限界があります。

屈折度数の大幅な軽減は難しく、こちらでできるとしても-0.75Dとか-1.00D程度軽減できるかどうか、といったところ。

且つ視力回復トレーニングを行なったら必ず屈折度数が軽減できる、とも言えません。

 

軽減できた方もいれば、出来なかった方もいらっしゃいます。

そもそも屈折度数が大幅に、且つ確実に軽減できるなら、近視が治せるという話になりますけども、それはまだ無理なんです。

これが視力回復の現実です。

 

 

◇視力だけでなく屈折度数が把握できているか?◇

皆さん、ご自身の視力は大まかではありますが、把握している方が多いのですが、屈折度数となるとご存じないことが多いように思います。

ちなみにメガネやコンタクトレンズの度数は、その方の屈折度数とイコールではありませんので、ご注意を。

よく電話でのお問い合わせの際に「-6.00Dのコンタクトで1.0見えるので、屈折度数は-6.00Dだと思います」と仰る方がいますが、きちんとオートレフラクトメーターという機械で測定したり、矯正レンズで確認すると度数が違う、ということが少なくありません。

レンズの度数はあくまでも目安なので、きちんと自身の屈折度数を確認しておきましょう。

 

大変申し上げにくいことですが、その時点で-8.00Dを大幅に超えてしまっている方は、パイロットは厳しいと言わざるを得ません。

トレーニングで屈折度数の軽減は、特に-8.00Dを超えているような強い度数の場合は、かなり困難です。

レーシックは条件付きでOKとなる場合もあります(注1)が、オルソケラトロジーは不可となっています。

 

でもここで悩みどころなのが、-8.00Dギリギリとか、ちょっとだけ超えてしまっているようなケース。

この場合は、もしかしたら視力回復トレーニングで何とかできるかもしれません。

ただし、時間に余裕があれば。

 

注1)レーシック既往歴がある場合は、術後6か月以上が経過して状態が安定し、「視力の日内変動」「コントラスト感度」「グレアテスト」「角膜形状解析」などを行ない、異常が認められない場合に適合と判断される場合があります。

 

 

◇視力回復できるとしても時間はかかる◇

京阪視力回復アカデミーで過去にトレーニングを行なって、屈折度数が-0.75Dとか-1.00Dとか軽減できた場合でも、1年間とかもしくはそれ以上、という期間がかかっています。

2~3か月とか半年とかでは、そこまでの軽減ができた方は、ほぼいらっしゃいません。

そのため、とにかく早く対策をとっていただきたいのです。

 

「パイロットを志望しているのですが、近視の度数が規定を超えてしまっているので、何とかしたくて・・・」

『ちなみに身体測定はいつ頃お受けになる予定ですか?』

「2か月後です」

『・・・・・無理です』

こんなやり取りが何度あったことか!!

 

パイロットに良好な視力が求められるのは、一般常識レベルで皆さんご存じのはず。

ペーパーテストや適性検査・面接などが全てクリアできる能力があっても、視力が悪ければその先には進めません。

ですから、視力回復(≒近視の進行予防)は試験対策なのです。

 

まずは現在の視力と屈折度数を把握すること。

状態に問題がなければOKですが、規定内ギリギリだったり軽くオーバーしている場合は、早急に対策を取りましょう。

特に軽くオーバーしている人は「一次試験が終わってから・・・」なんて流暢なこと言っている場合ではないですよ!

 

 

◇パイロットになるために万全を期す◇

「一次試験に合格しないと視力を上げたって意味がない」なんて考えている方もいるかもしれません。

でも視力が悪ければ、一次試験に合格してもその先には決して進めないのですから、その方が意味ないと思います。

全ての試験をクリアして初めて、パイロットになる道が開けるのですから、すべての対策をとっておくべきではないでしょうか。

 

なぜか視力に関しては、直前まで放置しておいている方がいらっしゃるようなので・・・。

例えば航空大学校を受験するとした場合、試験対策は1年前どころかもっと前から準備しますよね?

その準備の中に視力回復・低下予防も入れておいていただきたいのです。

 

昔は「20歳超えたら視力は落ちなくなる」なんて言われていました。

しかし、今はそんな時代ではありません。

目の使い方によっては30代・40代でも近視の進行が止まらないケースが増えています。

 

受験生は相当目を使いますので、近視の進行が起こらない方が不思議、といっても過言ではありません。

とにかく油断せず、定期的に目の状態のチェックを怠らないよう、心がけておいてください。

京阪視力回復アカデミーの視力回復トレーニングをご希望される方は、下記のお申込みフォームからどうぞ。

 

 

参照:航空身体検査マニュアル 視機能 

 

関連ページ

視力回復トレーニングによる屈折度数の軽減について

試験で視力が必要な方はお早めに

視力が必要な職業のためにトレーニングを頑張っている方々をご紹介します。

 

視力回復見込みチェック お申込みフォーム

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座