ブルーライトと眼精疲労

タブレットやスマートフォンの普及によって、普段パソコンを使ってデスクワークをしている人以外でも、ブルーライトを長時間目にしている方が増えています。

しかし、ブルーライトについてご存知ではない方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

こちらでは、そんなブルーライトについてご紹介いたします。

 

ブルーライトとは

 

380から495nmの波長を持つ青色光のことで、人間が見ることのできる光の中で、最も強いエネルギーを持っています。

ブルーライトは角膜や水晶体で吸収されずに網膜に到達する性質を持ち、パソコンやスマートフォンなどのディスプレイに使われているLED照明に多く含まれています。

 

 

ブルーライトによる目の疲れ

ブルーライトは波長が短く、ピントが合わせにくいという性質があります。

このような性質は私たちの目にボケなどを生みやすく、目の筋肉を酷使してしまうことにもつながります。

また、ブルーライトの太陽にも似た強い光は、瞳孔を縮める要因にもなり目の筋肉に負担をかけてしまいます。

 

 

遮断方法

普段からパソコンやスマートフォンのディスプレイを見る機会が多い方は、ブルーライトから目を守る必要があります。

主な遮断方法としては、ディスプレイの輝度、コントラストを調節することや、ディスプレイにブルーライトをカットするフィルターを貼り付けること、ブルーライトを軽減するメガネをつけて作業を行うなどがあります。

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br マスター
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座