メガネをかけると視力が落ちる? 乱視の場合その1

今回は乱視のメガネに関してのお話です。

 

乱視の原因は「角膜」「水晶体」といったレンズの歪みです。

縦・横・斜めいずれかの方向のみ見えにくさが出る特徴がありますが、軽い乱視であれば自力で見え方の補正ができる為、ほとんど視力には影響しない乱視も多くみられます(生理的乱視)。

 

ransi

 

特に近視や遠視がなく乱視のみである場合、前述のように自力で補正出来る事が多いようで、そのため乱視単独で見えにくさが出るケースは少なく、「近視と乱視」「遠視と乱視」という形でメガネを考えることがほとんどです。

繰り返しになりますが、乱視の原因はレンズの歪みです。

”メガネをかけたらレンズの歪みがひどくなった”となる可能性は非常に低く、メガネをかけることが乱視そのものの悪化にはならないでしょう。

 

同じ乱視の度数でも人によって「乱視矯正をした方が楽」「乱視矯正しても変わらない」「乱視矯正したほうが逆に違和感がある」など、かなり個人差があります。

そのため数値の確認だけでなく、自覚的な見え方の確認も同時に行なったうえで、乱視の矯正をすべきかどうか判断していきましょう。

 

この話、続きます。

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座