メガネをかけると視力が落ちる? 弱視の場合その1

”弱視”とはどのような矯正レンズを装用しても、良い視力が得られない目のことを言います。

一つの定義として、「裸眼視力が0.2以下、矯正視力が0.3以上は望めない」とも言われます。

 

近視性・遠視性・乱視性・遠視と乱視が複合されたものなど、色々原因はありますが、いずれにしても、メガネは「常用する」事が絶対!です。

朝起きてから夜寝るまで、お風呂と顔を洗う時や激しいスポーツをする時以外は、常にメガネをかけないといけません。

 

ですが、たまに「小さい子供にメガネをかけさせたくない」と仰る方もいらっしゃいます。

おじいちゃんやおばあちゃんが「かわいい孫に眼鏡をかけさせるなんて!」と憤慨される方もいらっしゃいます。

 

そのお気持ちはわかりますが、残念ながらメガネをかけないで弱視をなおすことは、とても難しいと言わざるを得ません。

しかも6歳前後までに弱視をなおしておかないと、年齢が上がるととともに、メガネをかけても弱視をなおすことができなくなってしまいます。

 

この話、続きます。

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座