メガネをかけると視力が落ちる? 弱視の場合その2

前回の話の続きです。

 

前回「6歳前後までに弱視をなおしておかないと・・・」ということをお話ししました。

生まれつき遠視や乱視が強い場合、【きちんとピントが合った状態でものを見る】ということをほとんど経験できません。

 

これがものを見る機能(視機能)の発育不全のようになり、レンズを装用してピントが合っていても、視力が出なくなってしまいます。

”片眼のみ遠視が強い”などの状態がある場合は、更に顕著に視力が出にくくなります。

 

 

 

これを回復させていくためには、「ピントが合っている状態を経験させる」事が必要不可欠です。

そのために、完全に遠視や乱視を矯正したメガネを、常にかけておくことがとても大切なのです。

 

弱視が問題なくなってしまえば、裸眼視力や本人の不自由さの具合・斜視の問題の有無によっては、メガネを外せるようになったケースもありますので、今は不自由かもしれませんが、とにかく弱視と診断されたらメガネをしっかりかけておくことを心がけましょう。

「メガネをかけるのは可哀想」といってかけさせないでいると、大人になった時に「可哀想」なことになりますよ!

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座