メガネをかけると視力が落ちる? 近視の場合その1

こちらに相談に来られる方は、よく「メガネかけたらすぐ悪くなりますよね!?」と仰います。

ご自身の経験やメガネを使っているご友人なども、そのような人が多いのでしょうか?

 

しかし!実はメガネそのものが悪いのではなく、使い方とレンズ度数の問題が大きいのです。

逆に言えばそこをきちんとすれば、メガネによる視力低下は予防できます!

また、近視と遠視と乱視など、目の状態によって使い方や度数などが変わってきますので、今回は近視のメガネの考え方をご案内しましょう。

 

 

大きな原則として近視の場合「見えない時に使う」のがメガネです。

逆に考えると「見えるときは使わない」とも言えます。

ある程度の視力があって、室内程度なら支障がない方は、遠くが見えない時だけメガネをかけましょう。

 

 

 

基本的に近視のメガネは”遠くが見やすいメガネ”です。

これは”近くは見えにくいメガネ”でもあります。

近くにピントを合わせる場合、目の中の筋肉をギュッ~と緊張させないといけません。

そのため、とても疲れてしまうのです。

 

今ご覧になっている画面が30㎝くらい離れても普通に見える人は、メガネをずっと掛けることは避けましょう。

これだけで目の疲れは少し楽になりますよ!

 

次回に続きます。

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座