小学生・高校生の視力低下が過去最悪に

文部科学省より2018年度の学校保健統計調査(速報値)が発表されました。

その中で、小学生と高校生の裸眼視力1.0未満の割合が、過去最悪の結果だったそうです。

平成25年から平成30年までの、各年代別の結果は以下の通りです。

※赤色は過去最悪の結果

 

 

 

幼稚園

平成10年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年
裸眼視力1.0未満(%) 25.84 26.53 26.82 27.94 24.48 26.69
裸眼視力0.3未満(%) 0.51 0.97 0.70 0.85 0.72 0.87

 

小学生

平成10年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年
裸眼視力1.0未満(%) 26.34 30.16 30.97 31.46 32.46 34.10
裸眼視力0.3未満(%) 5.94 8.14 8.32 8.62 8.72 9.28

 

中学生

平成10年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年
裸眼視力1.0未満(%) 50.31 53.04 54.05 54.63 54.33 56.04
裸眼視力0.3未満(%) 22.07 24.97 25.31 26.68 26.46 25.54

 

高校生

平成10年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年
裸眼視力1.0未満(%) 62.51 62.89 63.79 65.99 62.30 67.09
裸眼視力0.3未満(%) 33.77 35.84 36.16 37.58 33.89 39.13

 

裸眼視力1.0未満も心配ですが、それ以上に気になるのが裸眼視力0.3未満の割合。

小学生で約10人に一人、中学生で約4人に一人、高校生だと約2.5人に一人の割合で0.3も見えていないのは、かなり由々しき事態でしょう。

 

昔は「20歳過ぎたら視力低下は止まる」と言われていたこともありました。

しかし、現在は30~40代でも視力低下が止まらない方も増えてきています。

 

先日、当アカデミーにご相談に来られた40代の女性の方は、10年ほど前にLASIKを受けて1.2以上になったのですが、その後再び視力低下が発生。

先日の近視の度数がR-4.00D、L-5.00Dという、驚くべきものでした。

子供さんなら10年ほどで0.00Dから-4.00Dや-5.00D位になるのは決して珍しくありませんが、30代でそこまで近視が進行するとは・・・。

しかも『LASIKした後の再低下』ですから、本来の近視の度数は-10.00D近くまで悪化している可能性もあります。

 

 

ちなみにこの女性の方、仕事でPC作業が毎日7時間とか8時間とかあって、更にはスマホをも1日3時間くらい使用されており、かなり目は使っている様子。

それを考慮しても、大人の方の進行悪化の幅がこれだけ大きいのは驚きでした。

 

こうしたことを考えると、高校生で0.3未満の方が将来どこまで視力が低下するか?

かといって目を使わない訳にもいきません。

しっかりとした視力低下の対策が必要なのではないでしょうか。

 

参照 文部化科学省HP:学校保健統計調査

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座