弱視と言われたら、まずは眼科検診を

先日「遠視が強いと言われたので見てほしい」というお問い合わせがありました。

話を聞いてみると、三歳児検診で遠視が強いと言われたそうで、まだ眼科にも行っていない、とのこと。

そのため、まずは眼科の検診を受けるよう、お話させていただきました。

 

 

 

まず、(近視でも多少ありますが)遠視の場合は一部遠視が隠れてしまい、通常のオートレフラクトメーターによる屈折検査では、完全な遠視の度数が確認できません。

そこで散瞳剤(調節麻痺剤)を点眼して、隠れている部分を全て表に出るようにして、遠視の度数を確認する必要があるのです。

点眼はこちらではできませんので、必ず眼科の検診が必要になります。

 

また、遠視の場合は「弱視でないかどうか」という問題もあります。

単なる遠視で、矯正視力は出るのか?それとも矯正視力も出ないのか?

こうした診断は眼科医でないとできません。

 

我々はあくまでも民間の視力回復業者であり、医師ではありませんので診断はできません。

それを行なうのは医師法違反になってしまいます。

なので眼科での診断を受けて、状態がわかってからこちらへのご相談をお願いするのです。

この部分は非常に重要だと思っています。

 

単なる遠視で裸眼視力の回復を目指すのか?それとも弱視で矯正視力の向上を目指すのか?

これによって行なうトレーニングの内容が大きくかわってきます。

メガネの必要性や使い方も大きくかわってきます。

 

きちんとした診断を受けた後であれば、診断結果を基に色々ご案内できるようになります。

弱視の場合は特に「眼科でメガネを作ったけど、視力が思うように伸びてこない」というケースが見られます。

6歳から8歳くらいまでに視力が出てないと、それ以降の年齢では視力が出せなくなる恐れがありますから、こうしたケースでは、視力トレーニングを行なった方が良いでしょう。

 

 

また、眼科では「矯正視力が出てしまえば、裸眼視力は気にしない」というところも少なくないように思います。

もちろん矯正視力が出ていれば、日常生活での支障はなくなるでしょうけど、出来れば裸眼で見えた方が良いですよね!?

そうしたご希望があれば当アカデミーの視力トレーニングを行なって、裸眼視力の向上を目指していくことをお勧めします。

 

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座