強度近視からの合併症 その2網膜剥離

前回からの続きです。

 

ケース2:網膜剥離(もうまくはくり)

名前は聞いたことがある方も少なからずいらっしゃるのではないかと思います。

ボクシングとか格闘技の選手が網膜剥離で引退、などニュースになることもありますね。

有名どころではボクシングの辰吉選手や鬼塚選手などがそうです。
(辰吉選手に関して、引退はしてないような気もしますが・・・)

 

網膜とは、眼球の内側にぴったり貼りついている、視細胞がある薄い膜です。

ここに映像が光として当たり、そこから視神経を通って脳にいき、「あ、リンゴ!」というように見ています。

この網膜に小さい穴が開いてしまうと「網膜裂孔(もうまくれっこう)」となり、その穴から眼球を満たしているゲル状の流動体(硝子体)が流れ込み、眼球からはがれてしまうのです。

 

eyeball

 

網膜に穴が開いているだけなら失明の可能性は低いのですが、網膜自体が剥がれてしまうと、失明の危険性が上がります。

強度近視になると、眼球そのものが楕円形に変形してしまい、網膜も引っ張られるように薄くなります。

そうして穴が開きやすくなったり、はがれやすくなるのです。

穴が開いているだけなら、視力を戻せる場合もありますが、剥がれてしまうと戻せる可能性は低くなります。

剥がれた場所と大きさ次第と言えるでしょう。

 

まだ続きます。

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座