強度近視は眼病予備軍

正視や軽度近視の眼球は基本的に球形です。

しかし、強度近視になると眼軸が後方に伸びていき、楕円形に近い状態になってしまいます。

 

kinsi

 

屈折度数で-3.00Dあたり、約1㎜の伸長を起こすと言われており、眼科学的に強度近視と呼ばれる-6.00Dの近視になると、約2㎜程の伸長が発生します。

一般成人の平均的な眼球サイズが「約24㎜」と言われますので、おおよそ10%からそれ以上、伸びてしまっている形です。

 

こうした場合に、特に眼球後方部にある網膜や視神経に悪影響の恐れが出てしまいます。

主なものとしては「網膜脈絡膜萎縮」「黄斑部出血」「近視性牽引黄斑症」「緑内障」「近視性視神経症」などです。

 

これらの眼病は、近視が軽く眼球の伸長が少ないほどかかりにくいと言われています。

将来的な失明のリスクを減らすためにも、近視の進行を最大限抑えていくことが望まれます。

 

京阪視力回復アカデミーの視力回復トレーニングは、視力の回復だけでなく近視の進行を予防する効果も期待できますので、子供さんや大人でも普段目を酷使している方におススメです。

ご希望の方は下記のお申込みフォームからどうぞ。

 

参照

日本近視学会HP「病的近視とは?」

 

関連ページ

とにかく近視の進行を最小限に抑えましょう。

視力回復トレーニングの効果一例 ~小学2年生 E君の場合~

子供の近視を放置すると非常に危険です

 

視力回復・近視進行予防などのご相談はこちらへ

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火水金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月木は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座