春の学校検診が始まりました!

今年もこの季節がやってきました。

早い学校はすでに検診が終わったところもあるようです。

学校で行なう視力検査は、大人数を一度に行なうために、かなり簡易的な検査になっています。

 

 

 

ご存知の方も多いと思いますが、学校での検査結果は”ABCD評価”で出てきます。

A・・・1.0以上
B・・・0.9~0.7
C・・・0.6~0.3
D・・・0.3未満

昔はもっと細かく0.5とか0.8という検査を行なっていた記憶があるのですが、近年はかなりざっくりした検査になりました。

視力表すら、かなり簡易的なものになっているところも少なくないようです。

0.1、0.3、0.7、1.0の4つしか環がない視力表があるんです。

 

中には斜め方向(右上とか左下とか)がない視力表もあって、正直あまり正確な検査とは言えません。

測定者も担任の先生だったりするので、余計に正確性に欠けてることが多いように思います。

実際に当アカデミーで視力を測ると0.2だったお子さんが、A(1.0以上)という結果をもらってきたこともありました。

 

そのため、「学校でA判定だったから視力は問題なし!」とは言えない可能性が出てきてしまうのです。

保護者の皆様には、学校の視力結果だけを見て安心するのではなく、普段の生活で見えにくいようなそぶりがないかどうか、日ごろからチェックしておくことをお勧めします。

以下のような見方があると、視力低下を起こしている可能性が考えられます。

 

〇よく目をこする
〇瞬きが多い
〇よくぼ~っとしている
〇猫背になってきた
〇顔を動かして見ている
〇呼ばれても気づかない
〇目を細める

 

以前はあまりなかったのに、最近↑のようなことが増えた場合、要注意です。

 

また、学校でA判定をもらってきた場合でも、油断はできないというケースがあります。

それが「去年は1.5だった視力が今年は1.0だった」というケースです。

1.0の視力でも、視力低下が始まっている可能性が大!なので、このままだと来年は0.9とか0.8とかになってしまうかも!?

 

あくまでも推測ですが、「去年はA判定だったのに今年はC判定だった!」というようなケースは、上記のような状況が多いのではないか?と思います。

そして現状のABCD判定の検査では、このような細かい状態のチェックができないため、本当はきちんとした視力測定を行なう方が良いのですが、なかなか難しいようですね。

子供の目のことを考えれば絶対にちゃんとした検査が必要だと思います!!!

 

 

また、本当は視力検査よりも屈折度数の確認を行なうのがベストです。

屈折度数をみれば大体見え方も把握できますし、屈折度数数の検査を行なって、近視や強めの遠視が確認できた人だけ視力を測定するようにすれば、時間も短縮できたりしそうですけど・・・。

屈折度数を調べるのには、1分もあれば十分ですからね。

 

学校関係者の方には、ぜひ検討いただきたいものです。

 

 

参照

三和製作所 3.7.0視力検査表

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座