生活習慣を見直して視力アップ

目が悪くなるとメガネやコンタクトなどの、視力補助具に頼らないといけなくなります。

裸眼では何も見えなくなると生活する上では、不便なことが増えてしまいます。

視力は日常生活の何気ない行動で下がってしまいます。

視力アップを目指すなら、まず生活習慣を見直してみましょう。

 

睡眠不足

 

睡眠は体を休ませるということはもちろんのこと、目をリラックスさせ、目の疲れも軽減させる役割があります。

その為、睡眠不足が続くと目がかすんだり、ぼやけたりしてしまうのです。

人は物を見る時に視力だけでなく、調整力、コントラスト感度など様々な要素で物を捉えています。

 

しかし、睡眠不足になるとこれらの能力が下がってしまうので見えにくくなってしまうのです。

睡眠不足でだるいと感じ仕事がはかどらないのは、気分だけの問題ではなく目から脳へ伝わる情報が遅くなっていることも考えられます。

 

寝ながら本やテレビを見る

体がリラックスした状態なので、目もリラックスできていると思いがちですが、目には大きな負担がかかっている行為と言えます。

寝ながら本やテレビを見ると、左右で視力に差が出てしまいます。

そのことで片目だけが視力低下し、後にもう片方の目も視力低下につながることになるのです。

また、本を寝ながら読んでいるといつの間にか本が顔に近づき、片目だけで本を読んでいる状態になってしまいます。

 

 

浅い呼吸をしている

意外に思うかもしれませんが、呼吸は視力にも関係してきます。

私たちは呼吸により酸素を体に取り込んでいます。しかし、この酸素の量が少ないと細胞の働きは鈍くなってしまいます。

目の周りの筋肉の細胞も酸素により動いているので、同じように反応が鈍くなってしまうこともあるのです。

 

酸欠のような状態が続くと、目の周りの筋力と水晶体の弾力が無くなるので、近視や老眼を進行させてしまう可能性が高くなってしまうのです。

視力維持や視力アップを目指すのであれば、こういった目への悪習慣を改善することも大切です。

また視力アップトレーニングを取り入れることで、視力低下を防げるのでおすすめです。

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br マスター
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座