”目”にまつわる漢字の成り立ち

最近、巷では漢字の成り立ちについてのお話で盛り上がっているそうです。

特に「本当は怖い漢字の由来」は、筆者も面白く見ています。

例えば、「押」という字は、亀の甲羅を引きはがす行為から来ているそうです。

 

こんな感じ(!)で、目や視力に関係する漢字の成り立ちをご紹介しましょう。

※成り立ちには諸説あります。

 

 

「目」

me

 

元々は横長の目そのものの形を表していましたが、それが時代とともに縦長に変化して今の漢字となりました。

 

 

「見」

ken

 

上半分は目を表していますが、下半分は足で立つ部分と跪いている様子を表しています。

昔の人はただ単に「見る」のではなく、対象物の内面的・本質的なものと関わること、と考えていたそうです。

 

 

「眼」

gan

 

文字の右半分「艮」という部分は、呪いの目に睨みつけられて、進めない様子だそうです。

元々は右の「艮」という字だけだったそうですが、「限・恨・根」という字が作られたため、睨む目そのものを表すために「目」を加えられました。

 

 

「視」

si

 

左側の「示」は神様を祀るための祭壇や神棚を表しています。

ここから神棚にあらわれる神意にひざまずく形で、神様の意思を見るという事だそうです。

 

※参照「白川 静著 成り立ちで知る漢字のおもしろ世界」

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座