目に関する基礎知識 ①眼球の器官と働き

eyeball

※視力や屈折異常に関係の深い器官のみご紹介しています。

 

①角膜
目の外側にある第一のレンズ。見た映像はまずここで目の中に取り込まれます。

 

豆知識1) LASIK(近視矯正手術)はここをレーザーで削り、薄くしてピントのズレを矯正します。

 

豆知識2) アイバンクは眼球自体ではなく、この角膜移植のための組織です。

バンク(銀行)といっても、角膜を保存している訳ではないですよ。

 

②水晶体
目の内部にある第二のレンズ。ここでさらに光を屈折させて、網膜にピントを合わせます。

遠くを見る時はレンズが薄い状態に、近くを見る時はレンズが厚い状態になります。

 

豆知識1) 目の病気の白内障は、この水晶体が加齢などにより白く濁ってしまいます。

 

豆知識2) むか~しの近視矯正手術には、水晶体を摘出してピントを奥に合わせようとするものがありました(フカラ手術)。

 

③毛様体筋
水晶体の厚さ調節を行なうための筋肉。

遠くを見る時は筋肉を緩ませ、近くを見る時は筋肉を緊張させます。

 

豆知識1) 副交感神経により瞳孔とリンクしているため、瞳孔が閉まると毛様体筋も一緒に緊張してしまいます。

明るい所で疲れやすくなるのはそのためです。

 

豆知識2) 毛様体筋を含む毛様体は、眼球内の圧力を一定に保つ”房水”を生成します。

この循環がわるくなり眼球内の圧力が上がってしまうと”緑内障”の恐れが出てきます。

 

④網膜
視細胞が多く存在し、映像をとらえます。明るい時と暗い時では別々の細胞が働いています。
(杆状体・錐状体)

 

豆知識1) 見た映像が網膜に届くときは、レンズの影響によって上下反転してしまいます。

これを脳内で正しく戻して見えているのです。
50103

豆知識1) 網膜が眼球からはがれてしまうのを”網膜剥離”、網膜が破れて穴が開いてしまうのを”網膜裂孔”と言います。

 

⑤視神経
網膜でとらえた映像(電気信号)を脳に送るための神経。

 

豆知識1) 左右の眼球からでた視神経は、それぞれ半分だけ交差して、右脳・左脳両方に
繋がっています(半交叉)。

 

豆知識2) 見た映像が視神経を通り脳に届くまで、約0.5秒かかります。

そのため私たちが見ているものは、リアルタイムではなく全て0.5秒過去の映像なのです。

 

この5つの器官のうち一つ機能しなくなるだけで、正常な視力は得られません。

平均たったの24㎜しかない眼球なのにすごいですね!

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座