目に関する基礎知識 ②正視について

裸眼遠方視

正視(せいし)

 

・ピント調節を行なっていない状態で、5m以上遠方の映像のピントが網膜上にある

オートレフラクトメーターによる屈折度数検査で、±0.00Dという数値で出る

・近くも遠くも問題なく見える

 

正視、と言われると”目(視力)が良い人!”という印象が強いと思いますが、裸眼視力1.2見える方でも、遠視であったり軽い近視だったりすることがありますので、視力が良いだけで正視というわけではありません。

実際、視力が良い方でも前述の屈折度数検査で±0.00Dで出る方は、ごくわずかで、若干の近視や遠視や乱視を持っていることがほとんどです。

ですから厳密な基準通りの正視というのは、とてもとても少ないのですよ。

推測ですが、遠視の人よりも少ないのでは?とすら思います。

 

正視とは別に「正常視力」というものもあります。(略すと”正視”・・・)

一般的には1.0以上が正常視力と言われています。

皆さんのイメージする正視に近いのはこちらではないでしょうか。

 

最初の説明にもある通り、本来の目の仕組み的に、人間の目は遠くが見やすいようにできています。

正視であれば遠くを見る時にピント合わせが不要なのですから。

近くのものを見た時に、ピント調節をしなければ、↓の図のようにピントが網膜の後ろにズレてしまいます。

当然、これではハッキリと見えません。

 

eye1

 

そこで、↓の図のように毛様体筋がギュッと緊張し、水晶体を厚くしてピントを合わせるのです。

この時の筋肉疲労が目の疲れとなってしまいます。

 

eye2

 

この筋肉疲労が近視の発生へと繋がってしまうのです。

いかにして筋肉の疲労を少なくするか?がとても大切です。

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座