目の疲れをとって視力回復

現代病の一つとして「疲れ目」があり、多くの人がこの症状で悩んでいます。

疲れ目はそのままにしておくと痛みをともなうこともあるので、自身でケアを行うことで和らげることができます。

また視力回復トレーニングを取り入れることで、早期の改善が見込めることでしょう。

 

疲れ目の原因

 

疲れ目の原因には、近くを見ることによる毛様体筋の緊張が一番大きく関わっています。

それに加え視点固定による目の外側の筋肉の疲労も疲れ目の原因です。

その特徴としては、ショボショボする、かすむ、目が痛むなどがあります。

誰もが一度は経験したことがあるものではないでしょうか。

 

一日で治る時には疲れ目ですが、何日も続くようでしたら眼精疲労の可能性があります。

疲れ目の原因としては、パソコンやスマホ、テレビなどの見過ぎがあります。

長時間これらの画面を見るということは、目がピントを合わせようと、またその位置を保とうとして無理をすることになります。

 

そうなると目の機能が硬直しダメージを受けてしまうのです。

そのことで画面から目を離して、他の風景を見ようとしたとしてもぼやけたり、かすんだりしてよく見えなくなってしまうのです。

疲れを感じたら目を休ませ、視力回復トレーニングを試してみてください。

 

目の疲れを取る方法

一番大きく関わっている毛様体筋の緊張は、近くを見ることで筋肉が緊張し、疲労が発生するわけですから、逆に遠くを見ることで緊張をほぐしてあげると、疲れ目の解消になります。

ただ単に目を閉じただけでは疲労解消は難しいですが、「目を閉じて両手で目を覆い真っ暗な状態にする」ことで、毛様体筋の緊張状態を少し緩和できます。

また、視点固定による疲れ目は「目を動かす」ということで、目の疲れを取り除きやすくなります。

 

例えば寝ている時に人は何度も寝返りを打っています。

寝返りを打つことで一点に負荷がかかるのを防ぎ、筋肉の硬直を防いでいることにもなっているのです。

それは目にも言えることで、目の緊張をほぐすトレーニングなどをすることで疲れを軽減することにつながります。

当サイトの視力回復トレーニングも目の運動には最適なのでおすすめです。

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br マスター
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座