目の老化防止に紫外線対策を

これからの季節は紫外線が気になりますよね。

お肌の日焼けもそうですが、強すぎる紫外線は目にも良いとは言えません。

特に気を付けたいのが、目の遠近ピント調節を行なう”水晶体”というレンズです。

 

eyeball

 

この水晶体が白く濁って光を通さなくなるのが、いわゆる「白内障」という眼病です。

その原因の一つが紫外線。

 

金沢医科大学らの研究チームによると、とあるアフリカの紫外線の強い国で行なった調査で、子供のころから紫外線を大量に浴びていると、目の老化を招く可能性があるそうです。

一般的にアフリカ人って目が良いイメージですよね?

実際、その国の小学生はなんと93.6%が視力1.0だったとか。

 

1.0どころか裸眼視力4.0とか5.0とか、すごく遠くが良く見えている人もいるようですが、実はこれが子供の頃や若いうちで、40代から50代以降になると、失明や視力が極端に落ちている人が増えているそうです。

その原因の一つが紫外線に挙げられています。

また、紫外線が原因と考えられている眼病の一つに”翼状片”がありますが、これも赤道近くの子供たちは、そうでない地域に比べて約40倍発症しやすいデータがあるようで。

紫外線対策は非常に重要なんですね。

 

 

そこで紫外線をいかに避けていくか?というお話ですが、まずはサングラスですね。

きちんとUVカットの加工がされている物を選びましょう。

以前のブログ記事でもご紹介しましたが、UVカットに色の濃さは無関係です。

透明のレンズでもプラスチックでも、UVカット加工さえされていれば紫外線は防いでくれます。

 

逆に真っ黒みたいな色が濃すぎるサングラスは、目の真ん中にある瞳孔を開かせてしまいます。

そうすると目をレンズの隙間から、紫外線が目の中に入ってしまう恐れが強くなりますので、逆に色は薄い方が安心ですよ。

まぶしさが気にならなくなる程度の色味の物を選びましょう。

 

サングラスをするのと同時に、帽子や日傘等で紫外線をよけるとさらに効果的です。

特に帽子はつばの広いものが紫外線を防いでくれますので、サングラスと併用するのが一番です!

 

日差しが強い日中に外出した時は、帰宅後に目を冷やしてあげましょう。

冷たい水で濡らしたタオルや、アイスノン的なものを目に当ててあげると、炎症が抑えられます。

保冷剤をタオルにくるんで目に当ててあげるのも良いですが、硬いものはあんまり目に強く当てすぎないように注意しましょう。

要は日焼けの対策と一緒です。

それでも充血や痛みが引かない場合は、眼科さんへご相談するのも忘れずに!

 

 

参照

日本白内障学会HP

NIKKEI STYLE 『「アフリカ人は目が良い」は誤り 紫外線で進む目の老化』

 

関連ページ

サングラスの色に注意!

 

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座