目を細めると乱視になる!!??

京阪視力回復アカデミーにご相談に来られた方や、現在通われている方々からたまに「目を細めると乱視になるって聞いたんですけど・・・」と言われることがあります。

ネットで「目を細める 乱視になる」という感じで検索してみると、確かに「目を細めると乱視になる可能性が」というような記事がちらほらと。

 

そもそも乱視とは、目の外側のレンズである「①角膜」、または目の内側のレンズである「②水晶体」の歪みから発生する、焦点が乱れてしまう状態です。(下記画像参照)

eyeball

目を細めると角膜がまぶたで圧迫されて変形し、乱視が発生するというのですが、本当にそんなことが起こるのでしょうか?

 

 

まず、一口に「乱視」と言っても、いくつか種類があります。

それはレンズの歪みが発生している角度によって、下記のように分類されます。

all-astigmatism

 

もし、まぶたによって角膜が変形し乱視になるとすれば、まぶたは上下からの圧力がかかるはずなので、縦方向にカーブがきつくなる「倒乱視」になるはず。

だって、まぶたで左右からの圧迫はできませんからね。

しかし、日本人はどちらかと言えば横方向のカーブがきつい「直乱視」である方の方が多いのです。

 

少々古いデータではありますが、とある報告書によると近視や遠視・角膜乱視と全乱視などで少々の違いはあるものの、直乱視の方が多数を占めることが報告されています。

目を細めると乱視が発生するのであれば、倒乱視が多くなりそうなものですが、実際は違うようです。

また、報告書の中に「角膜乱視だと直乱視が最も多く(66.1%)」という記載もありまして、これからしても目を細めると乱視が発生するのは???という感じです。

 

そしてもう一つは、角膜の弾力性の話。

オルソケラトロジー(オサート)をご存知の方も多いと思いますが、これは寝ている間に特殊な形状のハードコンタクトレンズを装用し、角膜を変形させてピントのずれを矯正し、日中に良好な視力を得るものです。

しかし、角膜には弾力性があるため、朝にコンタクトを外してから、早いと夕方には形状が戻って視力も元に戻ります。

 

つまり、人為的に変形を試みても、また元の形状に戻ってしまうのです。

だとすれば、目を細めて角膜が変形したとしても、また元に戻るはずで。

そもそもまぶたに角膜を圧迫するほどの圧力があるか?と言われると、無いでしょうね。

上下から押さえつけるにしても、引っ掛かりもありませんしね・・・。

 

 

ということで、「目を細めると乱視になる」というのは、かなり信ぴょう性の低い話だと思われます。

だからと言って「目を細めてみても問題なし!」とはならず、近視にとっては悪影響が考えられますので、目を細めてみるのは注意しましょう。

特に小さいお子様の目つきが悪いのは、本当に要注意ですよ!!

 

参照

順天堂大学 「全乱視と角膜乱視の度数差及び乱視軸差について」 

 

関連ページ

「目を細めて見ると視力が落ちやすくなります」

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座