瞳孔を開かせて視力低下予防・疲れ目対策

巷を騒がせている今年は新型ウイルスの影響もあり、外出を控えている方も少なくないのではないでしょうか。

家の中ではパソコン・スマホなど、近い距離をみる機会が多くなりがちで、目の疲れも飛躍的に増してしまいます。

そうなると更なる視力低下の恐れも・・・。

 

そうした時、目を閉じて手で目を覆い真っ暗にすると、目の疲れが少し解消されます。

真っ暗な状態にするのは瞳孔を開かせるのが目的です。

 

瞳孔を開かせるのは交感神経、瞳孔を絞るのは副交感神経に支配されています。

そしてピント調節筋の毛様体筋も、遠くを見るときは交感神経、近くを見るときは副交感神経が優位となります。

つまり動向を開かせることでピント調節筋も遠くを見るような動きをするので、その分目の休憩・疲労回復につながりやすいのです。

これは眼科で偽近視治療の際に処方される散瞳剤(ミドリン・サンドールなど)と目的は近いものがあります。

 

できれば真っ暗な状態を3分から5分くらいは維持できると良いでしょう。

もちろん、遠くをじっと見つめるのも良いのですが、「それは結構しんどい」という方には【目を閉じて手で覆い真っ暗な状態にする】のがおススメです。

もちろん、家だけでなくオフィスでPC作業の合間なんかに行なうのも効果的です。

一度お試しください。

 

参照

西宮市ふじもと眼科 【目の疾患・治療 近視(仮性近視を含む)】

 

関連ページ

冬は視力低下が起きやすい時期です

”スマホ老眼”を改善しよう!その1

 

視力低下・視力回復・眼精疲労などのご相談はこちらへどうぞ

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座