視力回復が難しいケースがあります。

京阪視力回復アカデミーで行なっている視力回復方法は、どのような目の状態でも視力回復が見込める訳ではありません。

ご相談に来られた方の中には、お断りさせていただいたケースもありました。

 

 

 

まず、あまりにも目の状態(特に近視)が悪い場合。

屈折度数でいうと、-10.00Dなど、二桁を超えてしまっていると、回復したとしても0.01⇒0.03とか、そういったレベルになります。

さすがにこれをもってして「回復しますよ!」とはちょっと言えません・・・。

ただ「それでも良いから、是非やりたい!」という方であればお受けすることもあります。

上がらなくても良いから、これ以上落としたくない。これ以上悪くなったら失明するんじゃないか!?」と仰った方もいらっしゃいました。

 

もう一つのケースは、矯正視力が正常に出ないケースです。

実はこちらの方がお断りする理由としては多いです。

近視にしろ遠視にしろ乱視にしろ、要は”ピントがずれているから見えない”訳でして、ピントが戻れば視力は戻ってくるわけです。

 

しかし、矯正視力(レンズを装用した状態での視力)が出ないのは、「ピントが合っていても視力が出ない」ため、ピントのズレが改善されても、視力が動いてくれないのです。

就学前のお子さんであれば、トレーニングによって矯正視力を伸ばしていくことは可能ですが、小学校高学年以上になってしまうと、トレーニングで矯正視力を上げていくのは難しくなります。

ゴールデンタイムは【6歳まで】です。とにかく早い対処が肝心です。

 

もう一つとしては「本人に治す気がない」場合。

中高生以上で、保護者に半強制的に連れてこられたケースなどは、いざ始めたとしても続かなかったり、日常生活の改善もおざなりになったり、良い結果にならないことの方が多いです。

 

そのため初回ご相談時に微妙な反応の方には「やる気がないなら止めといた方が良い
とズバッと言います。

これ言うと結構びっくりされますよ(^ ^;)

「裸眼視力なんかどうでもいい。メガネかコンタクトで見えればいい」という方は、それはそれで一つの考え方なので、こちらが否定することは無いですよ。

残念ではありますけど。

 

どのようなケースでも、初回の視力回復見込みチェックで、視力回復の可能性は良くも悪くも正直にお伝えするので、気になる方はお気軽にご相談ください。

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座