視力回復サポートメガネのご紹介

c92f8823fbfa9feb3dcb4114059d3bda_s

 

「メガネ」と聞くと、”遠くが見やすくなる”とか、”目が悪い人がかける”そんなイメージが
強いと思います。

ただ、今回ご紹介する「視力回復サポートメガネ」は、いわゆる普通のメガネとは逆のもので、元々【目の良い人が近くを見る時に目を悪くさせない為】そんな目的のメガネなのです。

 

昔の眼科教科書にこんな記載があります(一部抜粋)。

 

「我が国における学校近視については(中略)近業時に凹レンズを用いないこと。場合により逆に凸レンズを用いること(以下略)」

 

凹レンズは近視用の矯正レンズ、凸レンズは遠視用の矯正レンズです。

近視はピントが目の底よりも手前にズレているため、凹レンズでピントを奥にのばします。
refractive-myopia

 

一般的にメガネは遠くが見やすくなるように作成しますので、その状態で近くを見ると、一旦ピントが目の底の奥にズレてしまいます。

 

遠メ装用近方視

 

そのままでは見えないので、ピント調節の筋肉をギュッと緊張させて、ピントを合わせますが、目が非常に疲れてしまいます。

なので「軽い近視の人は、近くを見る時凹レンズは使わない方がいいよ~」と言われているんですね。

 

元々目の良い人が近くと見ると、近視の人がメガネをかけて近くを見た時と同じようにピントが目の奥にズレますので、やはり筋肉をギュッと緊張させてピント合わせをしなければなりません。

そして目が非常に疲れてしまいます。

 

裸眼無調節近方視

 

そこで、考え出されたのが、凸レンズを装用すること。

凸レンズの【ピントを手前に引き寄せる】という効果を利用することで、目の筋肉を緊張させなくても近くが見えるようになり、目の疲れが緩和されるのです。

 

BM装用近方視

 

ある程度進行した近視の方は、ピント合わせをしなくても近くにピントが合っているため、凸レンズをかけると更にピントが手前に来てしまい、ものすごく近い距離しか見えなくなります。

そのため、このメガネを使用できるのは

 

◯正視~軽い近視(大体-3.00未満)

◯強い近視でコンタクトレンズを装用している場合  となります。

 

コンタクトレンズを装用すると、状態的には正視に近いものになりますので、視力回復サポートメガネを使用することが可能になります。

 

0d1382cfebd6726c12a1a03320f53827_s

普段コンタクトレンズを使って、長時間のパソコン作業をされる方等は、かなりおススメのメガネです。

マスト、と言っても良いくらいです。

100円ショップなどで売っている老眼鏡でも同様ですが、ただ完全に出来合いのメガネなので、上手く目の状態にあった度数があるか?と言うと、かなり限定されるでしょう。

京阪視力回復アカデミーでは、必ず個別に目の状態に合わせて作成しますので、ご満足いただけること請け合いです!

 

レンズ・フレームにもよりますが、税込8,640円~となります。

気になる方はこちらからお問い合わせください。

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座