視力回復トレーニングの話 ケース2眼科医のお子さん後編

前回の話の続きです。  

 

そして眼科医のお父さんが来られました。

釈迦に説法ですが、こちらの考え方やトレーニング内容をご説明し、トレーニング前の目の状態とトレーニング後の目の状態の変化などを見ていただきました。

 

 

 

トレーニング後に目の状態(屈折度)を見てみると、トレーニング前よりも少し数値が良くなることが実は結構あります。

お父さんはそれを見て驚かれたご様子。

目薬ではほとんど変化がなかった、と仰っていました。

 

また、目薬(調節麻痺剤など)のとらえ方やメガネの考え方、特に近くを見る時の負担を減らすメガネに関して、こちらとほとんど同じお考えだったようで、お父さん的には「正直に言えば半信半疑の状態。ただ、色々話を聞くと納得できる部分も少なくない」と仰っていただけました。

結局お母さんとご本人の強い希望もあり、本格的な視力回復トレーニングを行なう運びとなりました。

その後はトレーニングはこちらで行ないつつ、目薬はお父さんの方で行ないつつ、という形でしたが、見事片目の視力が0.8・両目の視力が0.9まで視力を戻すことができました。

 

この結果は、ご本人の努力とお父さん・お母さんのご協力があってのことです。

本当によかったです!

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座