視力回復トレーニングの話 ケース3眼科で「治らない」と言われた弱視の子

15年くらい前の話です。

岐阜県にお住まいの小学校1年生の女の子が、夏休みの帰省を利用してセンターにご相談に来られました。

お母さんのご実家がこちらの方だそうです。

 

眼科で遠視性不同視弱視と診断され、右目は1.0以上ですが左目は裸眼視力で0.06。

メガネをかけても0.1がやっと見えるかどうか、という感じでした。

そこで「この子の左目はもう治らない。中学くらいまでメガネをかけといて、それ以降はメガネもしなくてよい」等と言われたそうです。

 

 

今でも印象に残っていますが、とにかくよく泣くお母さんで、「この子が不憫で・・・」とシクシク。

体験トレーニングで小さい環が見えたら、「すごい!見えた!」とまた泣く、といった具合でした。

すごく良いお母さんです!!

 

結局、普段はご自宅でトレーニングを行なっていただき、夏休みや冬休みなどの帰省中は、センターに毎日のようにくる形になりました。

3歳くらいの弟君もいて、よくトレーニングの邪魔をしていましたので(笑)、お母さんは大変だったと思います。

 

この話、続きます。

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座