視力回復トレーニングの話 LASIKを断られた男性

 

昔話ですが、20歳男性の方からご相談がありました。

聞くと「車の免許を取るためにLASIKを受けようと思ったが、手術できないと断られてしまった」というのです。

眼の状態をみてみると、左右の目ともに強めの遠視で、レンズを使った矯正視力が0.2くらいまでしか見えませんでした。

つまり、ピントがきちんと合っているにも関わらず、視力が0.2しか出ないということ。

 

 

LASIKはあくまでもピントのずれを矯正するものなので、ピントが合っていても視力が出なければ、LASIKをしても良い視力は得られません。

状態的には”弱視”に近いような感じでした。

上記のようなことをご説明すると、本人と親御さん(学生さんだったため)もびっくり。

遠視ということも知らなかったそうです。う~ん、これは・・・。

 

当然、弱視的なことも全く知らず、年齢による視力回復の限界をご説明すると、だいぶ凹んでおられました。

とりあえず「体験トレーニングで視力が少しでも動くなら、視力回復の可能性もあるかも?」ということで行ってみたところ、少し小さい”わ”で正解することができていました。

これには本人も手ごたえがあったようで、「是非トレーニングをやりたい!」と仰っていただきました。

 

 

とはいえ、本来このご年齢だと弱視の回復は非常に厳しいところ。

まずは1か月トレーニングをみっちりやってみて、その結果を見て続けるかどうか考えていこう、ということとなりました。

いくら体験トレーニングで少し見えたとは言っても、その後続くかどうかは微妙なところですしね。

 

また、今までメガネも全く持っていなかったため、急ぎでメガネも作成しました。

弱視の回復にはメガネが必要不可欠です。

一応眼科さんにメガネの相談にも行ったそうですが、視力も出ないし年齢的にも「もう無理」と作ってもらえなかったそうで、結局こちらでメガネも作成しています。

 

遠くはしっかり見えないとしても、近くを見るときの目の疲れは、メガネでだいぶ軽減できるはず。

視力回復のためだけでなく、目のケアとしてもメガネがあったほうが良いのです。

 

 

そんな感じでトレーニングを頑張った結果、1か月後にの視力検査で、しっかり視力が伸びてきて、これは半年くらいは腰を据えてやっていこう!ということになりました。

ご本人のモチベーションが高かったのは、かなり大きなポイントだったと思います。

 

そして半年から10か月ほど頑張って、なんと矯正視力が0.8まで見えるようになり、とりあえずメガネをかけての状態ではあるものの、運転免許の視力検査に見事合格!

本人は「もう少し頑張って、裸眼で免許が取れるくらいになりたい!」とのこと。

 

20歳で弱視(?)が何とかできたなんて、本当に信じられない経験でした。

このケースが全ての人に当てはまるとは言えませんが、あきらめずにチャレンジすることは大事なんですね。

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座