視力回復事例 中高生男子編3 中度近視

kyouto052

 

A・Hくん(17歳)

初回ご相談時の視力    右目0.1 左目0.1 両目0.2
最高到達視力       右目0.5 左目0.5 両目0.7

初回ご相談時の屈折度数  R-1.62D/C-0.37 L-1.50D/C-1.25D

トレーニングコース    週3回コースセンタートレーニングのみ
トレーニング期間     12ヶ月間

 

概要:
10年くらい前に通っていた方。

ご本人が視力の低下を気にしていて、ネットや本などで色々な視力回復法を試したとか。

しかし視力が回復するどころか、視力低下すらも止めることができず、私たちのところにご相談に来られました。

 

どういうトレーニングをしていたのか聞いたところ、”指を近づけたり遠ざけたり”、”眼球をぐるぐる回したり”というような、少々ずれたやり方を行なっていた様子。

どの辺が間違っているのかは、以前の記事でご紹介しましたので、詳しくはこちらをご覧いただくとして、本人とご両親にご説明したところ、「マジか・・・」と切なそうにつぶやかれてしまいました。

我々も切ないです。。。

 

 

そのうえでこちらのトレーニングの理論をご説明し、実際にトレーニングを体験していただくと、いきなり両目で0.7まで”わ”を変えられて、本人もご両親も我々もビックリ。

これには本人も手ごたえがあったようです。

ただ、他のトレーニング方法で回復ができなかった事が尾を引いていて、こちらの回復法も完全には信用しきれていない様で、目の状態的には1年くらいかかるのが一般的ですが、
とりあえず半年コースで申し込み、半年後の結果を見てその後を考える、となりました。

 

 

元々やる気はあるので、視力は順調に回復していきました。

途中、年末から1月くらいにパソコンが増えてしまい、片目の見え方は横ばいが続き、これは本人も重々反省。

結局半年後もその後継続となり、片眼は0.1から0.5まで上げられました!

 

0.1が0.5になるのは、単純に言えば視力が5倍になっています。

検査で見る”わ”のサイズも5分の1の大きさになります。

同じ比率でいうと、0.2が1.0になるのも視力が5倍なので、そのくらいの見え方の変化が起こっているという事なのです。

これは自慢してもいいですよ!!

 

 

途中、トレーニングがめんどくさくなってきたのか、集中に欠けたり自宅での目のケアが
減ったりすることもありまして、その都度チクチク注意されたりして、大変だったと思います。

でも、注意されるときちんと改善できるのは、さすが高校生!といった感じでした。

これが小学生だとなかなか・・・・・。

 

センター卒業する際には「家で簡単なトレーニングは続けていく」と頼もしい言葉も。

受験も控えていたので心配でしたが、彼なら問題ないでしょう。

本当にお疲れさまでした!

 

 

関連ページ:

視力回復事例 中高生男子編2 強度近視

視力回復事例 中高生男子編1 強度近視

視力1.0まで上がらないなら意味がない?

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火水金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月木は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座