視力回復事例 小学生女子編3 軽度近視

kyouto040

Y・Oちゃん(9歳)

初回ご相談時の視力    右目0.2 左目0.4 両目0.5
最高到達視力       右目0.6 左目0.6 両目0.9

初回ご相談時の屈折度数  R-0.87D L-0.87D

トレーニングコース    週2回コースセンタートレーニングのみ
トレーニング期間     9ヶ月間

 

概要:
視力低下した原因はDSが大きい様子のYちゃん。

近視の状態は左右変わらないのに、なぜか視力は左右で差があります。

主にDSや読書を寝転んでやっていたようで、左右の差は姿勢の悪さから来ていると推測。
(本人はかたくなに否定していましたが・・・)

 

視力に差があるままだと、逆に近視の状態に差がついてしまう恐れもあるため、現状としては右目を優先的にトレーニングを行ない、差がなくなってきた段階で、左右同程度のトレーニングに変更する形でスタートしました。

 

学校の黒板が見えにくい、と本人。席順を効くと「4番目」とのこと。

今の目の状態ならば、もう少し席を前にできれば、黒板は問題なくなるはずなので、お母さんに「担任の先生に席順を変えてもらえないか、確認してみてください。

前から2番目以内なら、黒板の字は見えるはずです。

 

 

もし先生が席を変えてくれないようなら、メガネを考えましょう。」と提案。

無事席を変えてもらえたようで、メガネはひとまず様子を見ることに。

視力が回復してくれば、後ろの席でも大丈夫になりますからね。

 

トレーニングの回数が少ない分、普段の目を使う状況では、非常に気を付けていました。

まず、視力回復サポートメガネを作成し、近業時には必ずかけていました。

DSには専用のフィルターを装着し、少しでも目への負担が軽くなるように、そして超音波治療器ソニマックを購入されて、DS・読書の後や寝る前にしっかり目の疲れをとってしまう、と本当に頑張っていました。

 

センターに来た時のトレーニングも、とても上手に集中して取り組んでいて、かなりの優等生だったと思います。

そのかいあってか、少ないトレーニングながらも視力は両目だと0.9まで回復し、後ろの席でも黒板が見えるようになった!と本人から報告をいただきました。

これは我々もとてもうれしかったです。

 

ただ欲を言えば、トレーニングの回数をもう少しこなせれば、片目で0.9~1.0くらい行けたかも?

まあ、それは今言っても仕方ないのですが・・・。

本人の努力と、よく連れてきてくださっていた、おばあちゃんのおかげではないでしょうか。

 

お疲れさまでした!!

 

 

関連ページ:

視力回復事例 小学生女子編2 遠視

視力回復事例 小学生女子編1 中度近視

視力回復サポートメガネのご紹介

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座