視力回復事例 幼稚園男子編1 軽度近視・乱視

kyouto056

 

M・Mくん(5歳)

初回ご相談時の視力    右目0.4 左目0.4 両目0.5
最高到達視力       右目1.2 左目1.2 両目1.5

初回ご相談時の屈折度数  R-0.75D/C-0.75 L-0.75D/C-1.50D

トレーニングコース    隔週1回コース+自宅トレーニング
トレーニング期間     6ヶ月間

 

概要:
4年くらい前に通っていた方。

就学前検診で視力低下が発見され、眼科へ行くと「左目の矯正視力(※レンズの視力)が
少し弱いが、特に気にすることなし。

年齢的にこれからどんどん視力は悪くなると思うので、見えなくなってきたらメガネをかけましょう」と言われてそのまま終了。

 

治療・回復・低下予防などのアドバイスも何もなかったので、お母さんも聞いたそうですが、「特にないです」でこれまた終了したそう。

これを聞いてお母さんは「こらアカン」と思ったそうです。

 

こちらで確認しても、レンズの視力は0.8が限界でした。

5歳では視機能も未発達で1.0まで視力が出ない子もいますから、一概に問題があるわけではありませんが、Mくんの場合、正視ではなく近視と乱視であるため、これが視機能の発達を邪魔している可能性も考えられます。

こうしたケースだと、何かしらの処置をしておかないと、視力が出ないこともあり、まずはレンズの視力を1.0まで出すことを最優先として、その後は裸眼視力1.0と近視進行予防を目標としました。

 

 

幸いなことにレンズの視力は1ヶ月ほどのトレーニングで1.2まで見えるようになり、早々に裸眼視力アップのトレーニングに切り替え。

近視も軽かったおかげで、裸眼視力もみるみる回復していきました。

半年後には片眼で1.2も達成するなど、本当に順調に回復できました。

近視の度数も初回ご相談時の-0.75Dが+0.25Dに。マイナスからプラスに変わって、ごく軽い遠視になりました。
ちなみに年齢的に眼球の成長途上のため、軽い遠視は全く問題ありません。

この年齢だとドンドン近視が進んでしまう事の方が多いため、これは我々も驚いたのと同時にとても嬉しかったです。

・・・・とこう書くと、とても楽そうに見えますが、実はトレーニングそのものはかなり大変でした!

箇条書きでしんどかった思い出を書き連ねてみると

 

 

〇1分くらいで椅子に座らなくなる

〇疲れて途中で居眠りをする

〇小さい”ワ”は見るのを拒否
⇒「なんでこんなん見なアカンの!?」とキレられたことも・・・。

〇調子が悪く見えにくい日は拗ねてしまう

〇嫌になって途中で泣き出す

 

 

う~ん、こうしてみると結構すごいですね~。

も、もちろん上手に頑張れる日もいっぱいありましたよ!

でないとこんなに短期間で回復しませんよ!!(精一杯のフォロー)

センターでこの状況でしたから、自宅のトレーニングはそれは大変だったと思います。

お父さん・お母さん、本当に頑張っていただきました。

 

お疲れさまでした!

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座