視力回復事例 社会人男性編5 片眼義眼編

kyouto051

K・Iさん(46歳)

初回ご相談時の視力    左目(裸眼)0.03 左目(メガネ)0.4
最高到達視力       左目(裸眼)0.08 左目(メガネ)0.9

初回ご相談時の屈折度数  L-5.50D/C-0.50D
トレーニングコース    フリーコースセンタートレーニングのみ
トレーニング期間     12ヶ月間

 

概要:
右目はとある事情により義眼の方。

もちろん、右目の視力回復はできませんので、左目だけのトレーニングになります。

お仕事柄パソコンが多く、近視の進行や視力の低下が止まらず、「このままだと残った左目も見えなくなるのでは!?」とご心配されています。

 

近視の強さからすると、病的近視とまではいかないレベルなので、今の状態ならば眼病を発症する可能性は高くないと思われます。

ただ、問題は40代後半になっても近視の進行・悪化が止まっていないこと。

今使っているメガネは約1年8カ月前に作られたそうですが、少しずつ見えにくくなり0.4まで落ちてしまっています。

 

 

 

近視の進行からの更なる眼球の変形は、ご本人が一番恐れている”左目も見えなくなる”
可能性が上がってしまいます。

とにかく全力で進行を抑えることに取り組みました。

ご本人も「大幅な回復は望んでいない、とにかくこれ以上の悪化を防ぎたい」とのこと。

 

 

そういうご事情もあり、トレーニングは本当に頑張っておられました。

センターには少なくとも週3回以上はきっちり来て、トレーニング中も真剣そのもの。

仕事でパソコンが多かった日なんかは、トレーニングでも見えにくいことが多く、ご本人も凹むことがちょいちょいありました。

しかしへこたれることなくトレーニングを続けた結果、視力も順調に上がってきましたが、矯正レンズもトレーニング終盤には-4.50D位になり、そのおかげでメガネは0.9くらい迄見えるようになりました。

これにはご本人も大喜び!

 

後日ご本人からは「正直半信半疑で、”少しでも良くなってくれればよいな~”位に思って始めたけど、まさかレンズが軽くなるとは思わなかった。本当に頑張ってよかった」と仰っていただき、我々も本当に嬉しかったです。

ちょっと泣きそうになったのはナイショです。

 

 

Iさんのように目的意識や危機感がある方は、本当にトレーニングを真剣に行ないます。

パイロットや自衛官などを目指している方々も、回復の仕方は相当高いことが多いです。

同じトレーニングをやっていても、こうした意識の違いで結果は大きく変わります。

「視力がすごく悪いから」「近視歴が長いから」こういった理由で諦めている方、”病は気から”ではありませんが、気持ちを変えることで目も変えていけるかもしれませんよ?

 

Iさん、本当にお疲れさまでした!!

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座