視力1.0まで上がらないなら意味がない?

「1.0まで上がらないなら、視力回復する意味がない」たまにこんなことを言われることがあります。

「0.5だと結局メガネがいるし、トレーニングをしても無駄」こんなことを言われたことも
ありましたねぇ~(遠い目。)

今回はこんな考えの方々に読んでいただきたいお話です。

 

 

例えば視力0.1の人が0.5まで回復できたとします。

この場合の視力の”わ”のサイズの変化を比べてみましょう。

まずは0.1の”わ”。

5m視力測定用のほぼ実寸大です。

0.1

次に0.5の”わ”。同じく5m測定用のほぼ実寸サイズです。(スマホだと縮小されているかも?)

0.5

 

 

0.1と0.5って、これだけ大きさが違うんです。

比べて見ると大分違いますよね。

0.1しか見えなかった人が0.5になった時に、その人の見え方は変わらないと思いますか?

もちろん全く困らないとは言いません。

しかし0.1の時より見えにくくて困ることは、かなり減っているはず。

 

 

そうするとメガネの使い方も変わって来ます。

例えば今までは黒板の字が1番前の席でないと見えなかったのが、3番目の席からでも見えるようになって、授業中にあまりメガネを使わなくなった、とか。

別のケースだと、今までは自宅でも常にメガネをかけないといけなかったが、最近は外出時だけかければ済むようになった、という方も。

 

 

更にはメガネのレンズが弱くできたケースもあります。

裸眼視力のアップとともに、少し弱めに作っていたメガネも見えてきて、「なんか最近メガネが強い感じがする」と、レンズを軽いものに作り変えた人もいるんです。

レンズが弱くなると、レンズを薄くすることができます。

その方がレンズによる歪みも小さくなるため、同じ視力でも見え方のクオリティは上がります。いいことだらけですね。

メガネを強くしたことはあっても、弱くしたことはない方が多く、これを聞くと結構驚かれます。

 

 

もう一つは、やはり近視の進行予防です。

近視が進行するほど眼球の変形が起こり、場合によっては眼球がいびつな形になってしまい、眼病を発症しやすい状態になってしまいます。

Morbid-myopia
↑イメージ画像。

こんな風に一部分だけ突出してしまうことがあるのです。

これの一番の予防策は、近視の進行予防です。

近視が軽いものだと眼球の変形は出ないか、出たとしても非常に軽い延びで済みます。

そうなれば眼病のリスクは低いものに抑えられます。

 

 

また、こちらの視力回復法は目の疲れを除去する効果もあり、近視の進行予防も目的の一つ。

中には視力回復よりも低下予防や、目の疲労回復を目的に通っている方もいるくらいでして。

視力を回復させることも大事ですが、近視の進行を最小限に抑えることもとても大事なことです。

それは目の健康そのものに繋がっていくものですから。

 

これでもまだ「1.0まで上がらないならもうメガネでいい(=近視が進行しても構わない)」と思いますか?

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声

視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください

資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449

br keihan_master
詳しいアクセス

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座