皆さんから寄せられる疑問・質問にお答えします

どんな目でも回復しますか?

近視・遠視・乱視・弱視といった、いわゆる「屈折異常」が原因による視力の低下の方が対象です。
目のケガや病気が原因の視力低下は、こちらでは回復が困難な為、お断りさせていただいております。

また、視力回復可能な場合でも屈折度(近視・遠視・乱視の強さ)により回復の仕方が違ってきます。
数値が軽ければ短期間で高い視力まで戻しやすく、数値が強ければ回復できる限界が低くなるうえに、期間もかかってしまいます。

特に近視の場合、遠視や乱視に比べると進行悪化の恐れが高い為、視力低下が始まってから早い段階で取り組むことが、より良い視力へと回復させる大きなポイントです。

視力回復の目安はこちら

遺伝によるものでも大丈夫ですか?

遺伝性の視力低下の場合、小さい頃からかなり視力が低い場合が多く【3歳児検診で近視と診断された】【就学時検診でメガネをかけるように言われた】等のようなケースは、遺伝性的要因が高いと思われます。

しかしその場合でも「視力低下の原因が遺伝によるものだけ」という訳ではなく、「遺伝による視力低下」と「目の使い方による視力低下」という2つの要因をお持ちの方がほとんどです。

遺伝による視力低下の部分の改善は難しくても、目の使い方による視力低下の部分は改善が可能なため、遺伝があっても視力の回復は可能なのです。

とは言え、”両親・祖父母も近視”という遺伝の要素が考えられる方は、”両親・祖父母は目が良い”という遺伝の要素が考えにくい方よりも視力が回復しにくい、というのは間違いありません

また、ご家族やご兄弟に視力が悪い方が多いと、生活環境自体が目に良くないものになっている可能性もありますので、より一層のしっかりした対策とケアが必要です。

視力回復後、再低下はありませんか?

当センターの視力回復トレーニングは、元々持っていたピントを合わせる力を復活させるものですから、やめるとすぐに低下するということはありません。

しかし子供さんの場合、視力回復時のご年齢によっては、視力回復後も成長期による近視の進行や、視力低下の恐れがあり、一度良くなったから絶対に低下しないとは言えません。

そのため視力回復後もアフターフォローとして、定期視力測定や日常生活の改善指導を実施しております。
「目を悪くさせない目の使い方」ができている方は、その後も良い視力を保ちやすいようです。

視力回復に要する期間と時間は?

2~3ヵ月で回復できる方もいれば、1年位は必要な方など、目の状態により異なります。
”0.1から0.8に回復させる”ことと、”0.8を1.2に回復させる”ことに必要な労力はイコールではない為、視力が低い方が回復には時間がかかります。

具体的には初回の視力回復見込みチェックで検査を行なった上でご案内しておりますが、 視力回復の簡単な目安はこちらをご覧ください。

通常1回のトレーニング時間は約10分間を2回行なって、超音波治療器・アイマッサージャーといった目のケアを行ない、目の状態の変化を確認します。

通常センター来所時の所要時間は約40分~1時間前後ですが、ご希望される方は来所時のトレーニング回数を増やすこともできますので、その場合はもう少しお時間をいただきます。

毎日通わないといけませんか?

学校や職場・クラブや習い事のご都合と、センターの受付日時を踏まえたうえで、皆さんのご希望のペースで通っていただいております。初回の視力回復見込みチェック時に指導員にご相談ください。

視力回復トレーニングは、目の中の筋肉を動かしていくリハビリ的な方法です。トレーニング回数が多ければ視力も回復しやすくなります。

そのため頻繁にセンターに通えない方は、ご自宅で視力回復トレーニングを行なうこともできますので、どのようなペースで通っても視力回復が可能なシステムとなっております。

センター指導員が必要な備品を持参の上お伺いし、センター来所時と同様の視力回復トレーニングや目のチェックが自宅にいながら受けられる、とても便利なサービスですので、ぜひご利用ください。

自宅でも何かやる必要がありますか?

頻繁にセンターまでご来所可能な方は、視力回復トレーニングはセンターでのみ行ない、ご自宅では目のケアと日常生活改善を行なっていただきます。

頻繁なセンター来所が難しく、自宅でのトレーニングを希望された場合は、1回約10分のトレーニングを1日平均2~3回行なう方が多くいらっしゃいます。

具体的なトレーニングのやり方や、行なう回数・最適な時間帯などは、毎月視力や目の状態を検査して、その結果をもとにこちらからご指導していきます。

視力回復に年齢は関係ありますか?

現在、4歳~50歳代前半の方まで、幅広い年齢層の方がこの訓練を頑張っています。

3歳以下で視力検査ができなかったり、50歳代後半で老眼が完全に出てしまうと、トレーニングでの視力回復は難しくなってしまいますが、こうしたことがなければ大丈夫です。

「子供の方が治りやすく、大人は治りにくい」と思っている方もいらっしゃるようです。
確かに子供は大人よりも回復力がありますが、同時に悪くもなりやすい為、子供だから回復しやすいとも言えません。

大人は回復力という点では弱いかもしれませんが、視力低下に対する危機感や、トレーニング中の集中力が子供よりも高い点などは、大人に有利な部分です。

初回の「視力回復見込みチェック」時に必要なものは?

視力回復見込みチェックは予約制です。ご希望の方は、

フリーダイヤル0120-897-449

までお電話いただくか、こちらのお申し込みフォームよりお問い合わせください。

メガネを持っている方はご持参ください。
複数本お持ちの方はできるだけ全てのメガネをご持参ください。

コンタクトレンズを外した直後は、正確な目の状態が測れない場合がございますので、コンタクトレンズをご使用されている方は、予約時間30分前には外しておいてください。

当アカデミーは靴脱いでお入りいただきます。スリッパはご用意しておりますが、気になる方は何か上履きをご用意ください。

視力回復見込みチェックは無料ですが、ご相談後にご入会をご希望の方は、入会金をお預かりしております。

入会金など費用面はこちら

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声
視力回復見込みチェック 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください
資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449 定休日 毎週 月・木曜日 電話受付 平日11:00~19:00 土日祝10:00~18:00 資料請求はこちら

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座