視力回復とは「目の健康を保つ」ことです

視力が低下すると・・・

近視による視力低下が発生してしまうと、進行悪化とともに眼球の形が変形してしまい、網膜や視神経などにダメージが蓄積されていき、場合によっては目の病気(網膜剥離など)を発症してしまいます。

遠視や乱視が強い場合、弱視を併発する可能性があり、メガネをかけても正常な視力が得られません。 どちらの場合も、メガネをかけても視力が得られなくなる可能性があるのです。

また、メガネをかければ視力が得られる場合でも、レンズが強くなればそれだけレンズによる歪みが生じる為、良質な見え方は得られません。

コンタクトレンズだと見え方の歪みは出ませんが、誰もが使える訳ではありませんし、コンタクトレンズの目へのダメージの問題も心配されます。
このような話は一般にはあまり知られておらず、説明を聞いてほとんどの方がビックリされる位です。
また、メガネ・コンタクトレンズでは視力の低下を防ぐことはできません。そのため、

メガネをかける ⇒ 視力が低下 ⇒ メガネが見えなくなる ⇒ レンズを強くする ⇒ 視力が低下 ⇒ (以下、繰り返し)

この悪循環に陥っている方が非常に多いのです。そして気が付けば”病的近視”と呼ばれるレベルまで悪化してしまうケースが増えてきていて、緊急の課題と言っても過言ではないでしょう。

”自分自身の目”で見ることが大切

意外かもしれませんが、私達は「メガネやコンタクトレンズは絶対にかけない方が良い!」とは考えていません。日常生活の中で支障がある方には、ひとまずメガネ作成をお勧めすることも少なからずあります。

心配なのは「メガネをかければ見えるから裸眼視力は低くてもいい」となること。メガネを作って見えるようになり、メガネが見えにくくなってもレンズを変えれば見えるようになって、その間に生じた目へのダメージについて気にしなくなること。

繰り返しになりますが、目の健康が損なわれると、メガネやコンタクトレンズを装用しても良好な視力が得られなくなってしまいます。
それは絶対に避けなければなりません。

メガネに頼りきるのではなく、自分の目でも見ることが大事です。メガネやコンタクトレンズは【裸眼で見える範囲では届かないピントを埋める補助的なもの】これを念頭において最大限視力低下を予防し、なるべくメガネの度数を弱いままで見えておくようにすること、これが私達の考える理想です。

人間は情報の大半を目から得ています。一生健康な目でいる為にも、当アカデミーの視力回復トレーニングで【少しでも良い裸眼視力】を取り戻してください。

視力回復の仕組み

目の構造と目の状態のご案内は↓リンクよりどうぞ

●眼球の器官と働き  ●正視について

●近視について  ●遠視について  ●乱視について

●弱視について  ●不同視について  ●老視について

日本人に一番多い近視の場合、目の中にあるピント調節をつかさどる筋肉(毛様体筋)が、 近くにピントを合わせた状態で、凝り固まったように動かしにくくなってしまいます。
そのため、近くは見えても遠くにはピントが合わなくなるのです。

当アカデミーの視力回復法は、近くにピントを合わせた状態で固まってしまった筋肉を 徐々にほぐしていくことで、遠くにピントを合わせられる目を取り戻すための、自発能動的 視力回復法(室内凝視訓練法)です。

安全・安心な視力回復法

目を切開したり、薬物を使用したり、というようなことは一切ありませんので、副作用などの危険性は全くありません。

子供だけでなく大人でも視力回復は可能

「視力回復できるのは子供のときだけ」と思っている方もいらっしゃるようですが、当アカデミーでは3歳後半から50歳台前半の、幅広い年齢の皆さんが視力を回復しています。 体験者の声

視力回復の見込みは目の状態で変わります

視力回復トレーニングを行なえば、どのような目の状態でも1.0以上まで回復できる訳ではありません。
近視・遠視・乱視の度数が軽ければ、それだけ高い視力まで戻せる可能性が高くなります。

少しでも早い段階で視力回復をスタートさせることが、非常に大きなポイントです。
一つの目安は下記の表にありますが、具体的には個別に目の状態に合わせてご案内しております。
⇒視力回復見込みチェック

軽度近視
(-0.25D~-1.0D位)
平均裸眼視力
0.5~0.8前後
2カ月~半年前後で0.9~1.0以上、
メガネ不要を目標に
中度近視
(-1.25D~-2.0D位)
平均裸眼視力
0.1~0.4前後
半年~12ヶ月前後で0.5~0.8以上、
メガネの先延ばしを目標に
強度近視
(-2.25D~-4.0D位)
平均裸眼視力
0.05~0.1前後
12ヶ月前後で0.2~0.5以上、
メガネの常用回避を目標に
最強度近視
(-4.25D~)
平均裸眼視力
0.01~0.04前後
12カ月以上で0.1以上、
進行予防とレンズ度数の軽減を目標に
遠視 軽度~中度遠視は1.0以上で、遠方視のメガネ不要を目標に

強度遠視は0.5以上で、レンズ度数軽減と眼精疲労緩和を目標に
乱視 軽度~中度乱視は1.0以上を目標に*1

強度遠視は0.5以上を目標に*1

弱視 矯正視力(レンズの視力)1.0以上*2、

裸眼視力を最大限上げて*3、メガネを外せる時間を作ることを目標に

*1 乱視は単独ではなく、近視・遠視と併発していることが非常に多い為、近視・遠視の強さによっても回復の見込みが変わってきます。

*2 年齢によっては視力回復が難しいケースがあります。

*3 弱視完治後の裸眼視力の回復見込みは、近視・遠視・乱視の度数によって変わります。

証明済みのトレーニング効果

当アカデミーで行なわれている視力回復トレーニングは、国立病院の眼科医の手により行なわれた臨床治験にて、視力回復効果が確認されています。
使用するトレーニング機器も医療機器として国の承認を得ていますので、副作用などの危険性はありませんので、お子様でも安全に行なえます。

医者からみた視力回復トレーニング

リスクが無いので、
子供にも安心して受けさせられる。

以前、私の娘と息子の視力が低下したときに、こちらの視力回復アカデミーのことを知りました。
友人に眼科医もいますが、メガネしか勧めないので、一度トレーニングなどの説明をうけることにしました。
話を聞いてみると「リハビリ的な見る力を回復させるトレーニング」ということと「子供に十分回復の可能性がある」ということで、友人の手前もありましたが、こちらでお世話になることにしました。

私は外科が専門ですが、「近視は普通の病気ではなく生活習慣から発生するもの」と考えており、 病気とは違って”治療”するものではないと思い、リハビリ的なトレーニングが有効であると考えました。
薬を使うにしろ手術を行なうにしろ、病気やケガを治せるのは身体自身が持つ治癒力です。
医者はあくまでもその治癒力を引き出す環境を作ったり、治す手助けをするのが仕事です。

視力回復トレーニングも、同じように自分の治癒力で回復させるような部分があり、「治してもらう」というよりは「自分で治す」という方がメインであると理解しています。
確かに労力は必要ですが、手術などとは違って失敗するとか副作用があるなどのリスクはないので、子供達にも安心して受けさせることができました。

メガネに依存することも避けられるのでは。

実を言うと子供にメガネをかけさせることも考えましたが、メガネは「視力回復」ではなく「視力矯正」であって、レンズで見ることに依存してしまう恐れがあると考えました。 それは足をケガした人がずっと車イスに乗っている、と同じようなことだと思います。

もちろんメガネを使う事が悪いとは思いません。まずは自分の眼で見ることが大切で、どうしても不自由がある時だけ最低限の弱いメガネを状況に応じて使用していけば、メガネに依存することは避けられると思います。

こちらの視力回復アカデミーのトレーニングや指導・考え方は、医学的にも理にかなったものであると感じました。

  • 視力回復とは
  • 視力回復トレーニングについて
  • 体験者の声
視力回復見込みチェック&体験トレーニング 初回無料 詳しくはこちらから御覧ください
資料請求 ご予約・目に関するご相談はお気軽に TEL 0120-897-449 定休日 毎週 月・木曜日 電話受付 平日11:00~19:00 土日祝10:00~18:00 資料請求はこちら

0120-897-449

電 話 受 付 時 間
火~金 / 11:00~20:30
土日祝 / 10:00~18:00
※月曜は留守電応対となります
→センターの営業時間はこちら

contact

当センターへのアクセス

〒534-0024
大阪府大阪市都島区東野田町2-9-13
松和京橋第一ビル7F

詳しいアクセス
詳しいアクセス
  • 視力回復見込みチェック&体験トレーニング
  • トレーニングアプリについて
  • 体験者の声
  • よくあるご質問
  • 東京視力回復センター
  • 運営会社
  • 眼疲労講座